【仕事】辛い、したくない、行きたくない、辞めたい方必見。仕事のストレス・疲れをどう処理すればいいのか?


こんにちはジュピネムです。

転勤の季節がやってきました。みなさんお仕事に翻弄されているのではないでしょうか?私はとても翻弄されてしまっており、一時的にはストレス限界マックスみたいな状態です。笑

この社会のシステムにはお世話になっている反面、色んなところで不備・理不尽があるのかなとも思っています。そして、その一方で

今いる場所は自分で選んで自分で居座り続けているということも忘れてはいけない

かと思います。

本気を出せばいつでも誰でもこの社会システム【仕事・会社などから来るストレス・辛さ・理不尽】から脱却できると言うことを忘れてはいけません。辞めればそれらからは開放されるのです。しかし、自分や家族が生活するためにはお金が必要だからなかなかこのシステムからは抜け出せないのです。

当然仕事をしなければお金は手に入らないということなのですが。はい、ここまでの流れで私自身再認識出来ました。


仕事辛い、したくない、行きたくない、辞めたいは何のためにやっているのか?

職業とは

職業の目的は人それぞれではあるが、ほとんどの場合、生計を立てるため、つまり生活するのに必要な(衣食住などの)物資やサービスを得るため、現代であれば主としてそれを得るために必要な金銭を得るためになされている。被雇用者の場合は、主としてそれを給与の形で、個人事業主(自営業)の場合は利益 の形で得ている。 被雇用形態は正社員、アルバイト、パートタイムなど様々。通常の意味での職業ではないが、主婦、学生さらには無職を、便宜上、職業の1つとみなすこともある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仕事についてはウィキペディアではこのように紹介されていました。仕事については漠然としか考えたことが無かったのですが、これを見てすごく心が休まったと言うか重荷が降りたような感じがしました。

みなさん仕事は金銭を得るためにやっているんだと。

素晴らしい、本当に素晴らしい。今までそれを勘違いと言うか錯覚してきたような気がしてなりません。

金銭のためにやらなければいけないこと【仕事でマストな部分】

仕事でやらなければいけないことって仕事だけなのです。当たり前ですが、ここが重要です。ここを大抵の方が勘違いしてしまっているのです。

例えば何か物を作ってそれを売って利益を出している会社があるとします。

この会社がやらなければいけないことは物を作って売ることです。

超当たり前ですよね。そして、そこで働く人の仕事は同じく【物を作って売ること】になるかと思います。それ以外は仕事でもなんでもないという認識が必要です。

この物を作って売るために会社で決められたルールや決まりなどは守らなければいけない部分になるかもしれません。でもね、それ以外の部分は本当は自由なんです。

仕事に対する考え方、人生設計、私生活など様々なことに対して上から物申す輩が非常に多いと感じます。本来これらは個人の自由・価値観の違いであると思うのです。

もう一度原点に戻ってみてください。お金を稼ぐごときで思想・個性・人権・人生・家族・趣味・健康・自由を代償に払えと言ってくる会社・上司はブラックです。絶対に近づいてはいけません。

仕事でやらなければいけない【マストな部分】はその仕事の最小単位の部分だけです。不必要に思想・個性・人権・人生・家族・趣味・健康・自由を代償に支払う必要はありません。

仕事にお金以外のやりがいや達成感を感じている方もおられるとは思いますが、いかなる理由があってもそれを他人に強制してはいけないよと言うことです。原点はみなさん、お金を稼ぐためにやっているんですよね?偉そうなことを言っているあの人もお金がもらえなくなったらどんなにやりがいがあってもやらないでしょう。

仕事のストレス・疲れをどうすればいいのか

これをわかった上でもどうしてもストレスや疲れがたまってしまうかと思います。その多くは人間関係なのではないかなと思います。このストレスや疲れをどう処理していけばいいのか紹介したいと思います。

昇華させる

お金を稼ぐために肉体・精神が病んでしまう人が多すぎるように思います。それらは仕事でのストレスや疲れを溜めすぎてしまっているのではないかと思います。それらを上手く昇華させることが重要になってきます。

昇華 (心理学)  心理学・倫理における昇華(しょうか、英: sublimation)とは防衛機制の一つ。 社会的に実現不可能(反社会的な)な目標・葛藤や満たす事が出来ない欲求から、別のより高度で社会に認められる目標に目を向け、その実現によって自己実現を図ろうとすること。 例えば、満たされない性的欲求や攻撃欲求を芸術やスポーツ、学問という形で表現することは、昇華と言える。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

手っ取り速いのは、趣味を作ることです。興味を持ったことにドンドンとチャレンジしてみてください。人生は一度きりです。やってみて面白くなかったら他のことを見つければいいのです。

私自身趣味のおかげで仕事のストレスや人間関係など色々と乗り越えられたと本気で思っています。特にスポーツ系がオススメです。

運動も出来て、趣味が上達して、ストレスも発散できて一石三鳥です。

運【極力近づくな】

これが社会人なら難しいことは十分にわかっています。しかし、これは何としてでもやらなければいけないことなのです。直属の上司が合わない人だったらどうすればいいのか。難しい問題です。しかし、合わない人とはどこまで行っても合わないと私は悟りました。ですからここでの努力は無駄だと思っています。

自ら組織やさらに上の上司などに相談するなどして配置換えなどしてもらった方がいいかと思います。人も所属もやりたくないことはやりたくないとしっかりと伝えて極力近づかないのが鉄則です。

またやりたくなったら戻ればいいだけの話なのです。

時には良い人材にめぐり合えたとか、良い配置になったとか運も必要になってくるでしょうが。

考え方【マインドを変える】

仕事についてのマインドを変えていきましょう。少なくとも私の中では会社員としての仕事での出世は陳腐化してしまった部分があるのです。

あの人は、会社にとってどえらい功績を残して出世して表彰されて給料も平より多くもらって云々かんぬん。とかはやりたい人はやればいいのかなって思います。

出世しても責任・拘束時間が多くなって人間関係やストレスもやばそうだなと思います。時間給あたりで換算すれば賃金はさほど変わらないのかなと。

すっぱいブドウ理論ですが。とにかく

それをみなさんがそうでないといけないということはまったく無いのです。

私はわたし、あなたはあなたの人生があるのです。

凄い凄いと言われている方もその上には更に更に上がいて。退職して会社のバッチを外したらその人には何が残るのか。俺は凄かったとか言われてもそうですかとしか言えないし。私は私の人生をエンジョイしなければいけないのです。

まとめ

とにかく仕事はお金を稼ぐためにみんなやっていると考えるだけで気持ちがとても楽になるかと思います。もちろんそのためには金銭のためにやらなければいけないこと【仕事でマストな部分】は存在するのですが、

それは本当に小さな部分

と理解することが重要だと気づきました。良い感じ、良い具合で頑張っていきましょう。


仕事

Posted by jyupinem