【ブログ】ブログの統計からペルソナ設定を容易にする方法【初心者ブロガー必見】


おはようございます、ジュピネムです。

今回はブログの統計からペルソナ設定を容易にする方法について解説します。まずペルソナとは何かということからです。

ペルソナとは仮製品やサービスのユーザー像を仮想の人物として定義したものをいう。実際のユーザーにはさまざまな人が含まれるが、ペルソナではその中で最も重要な人物像に焦点を当てることによって、具体的なユーザー像をイメージしやすくなるメリットがある。

コトバンク

要するに、それぞれのブログで誰をターゲットにしているのか?ということです。

このターゲットがいない状態、誰も興味を持たないものでは誰も見ないということになるかと思います。ですから、誰かに見てもらうためのブログをやる上では必須のものと言えるかと思います。もちろん誰にも見てもらわなくていいという場合はこの限りではありませんが、基本的には誰かに見てもらってこそだと思います。

ある程度ブログを書いたら閲覧数や訪問者数の統計を確認してどんなジャンル・どんな記事が読まれているのかを確認する必要があるかと思います。


統計の確認【初心者ブロガー必須】

まずはブログの統計を確認しましょう。ワードプレスならJetpackというプラグインで確認できます。そしてこのプラグインのサイト統計情報という項目から自分のブログの統計を確認することが出来ます。

実際にはこのような画面です。

この画面から、これまでの閲覧数・訪問者数などがグラフでわかります。

読まれているブログジャンル・記事の確認

自分のブログの中にも何個かジャンルがある場合があるかと思います。また、特化した内容のブログでも細分化すればジャンルが分かれてくるかと思います。このジャンルを知ることが重要になってくるかと思います。

ジャンルを知ることが重要である理由は、

ジャンルによって人気・不人気があるからということが言えます。

この人気・不人気については特に気にせずにブログ記事を書いていってもいいとは思いますが、やはり一生懸命書いたブログが不人気【人があまり興味が無いジャンルなど】であるとブログを続けていくモチベーションが無くなってしまう恐れがあると思うのです。

この辺のことは、検索エンジン最適化【SEO】の事やグーグルサーチコンソールなどが大きく関わってくる部分かと思います。ですが、

基本的には誰も検索しないワード・ジャンルは表示されない・読まれないということが言えるかと思います。

ですから、自分のブログでよく読まれているジャンルや記事を知ることは大切なことだと思います。

確認方法

この統計画面に、【WordPress.com で詳細な統計情報が表示できます】という項目があるのでそこの表示ボタンをクリックします。そして、これまでの期間の広い部分を確認するため、月や年での表示に切り替えます。こうすることでその月や年にどの記事がどれくらい読まれたかがわかるようになるのです。

この画像は私のブログの3月中の統計結果です。実は私もド素人のブログ初心者です。ですから、本来ならこれほどまでの表示数は獲得できないかと思います。ですが表示数を一時的に増やす裏ワザを駆使してこの結果に結びつけました。

この結果からは、上からジャンルと表示数はパソコン412・ブログ296・ブログ290・ダイエット256・ダイエット205・ホームページ181という順番になっています。

残念ながらこのブログは筋肉ブログメインなのですが、みなさんあまり筋肉には興味は無いのかも知れませんね。もしくは筋肉記事の精度・完成度などが低いだけかも知れませんが・・・

とにかくこの統計からは、パソコン・ブログ・ダイエットが強いと言うことが言えるかと思います。

これを1つの目安としてブログを構成していくことでペルソナ設定を容易にしていくことが出来るかと思います。

表示数を一時的にアップさせて統計をわかりやすくする方法

表示数が少ない初心者の方はこの裏ワザを駆使して一時的に表示数をアップさせた上で、統計を分析してみるのもおすすめかと思います。やはり統計は統計学にもあるように、ある程度の数が無ければ分析しようが無い部分もあるかと思います。

ですから、以前紹介したSNSなどを使って一時的にブログ表示数や訪問者数を増やす裏ワザを使ってみてもいいかもしれませんね。

これを使わずとも表示数が多く統計がわかっているよと言う方は、すでに初心者では無いと思いますのでそのまま突き進んでください。

まとめ

やはり自分のブログのどのジャンル・どんな記事が読まれているのかを知ると言うことはとても重要だと思います。これを知らないで一生懸命にみんながあまり興味が無い記事を書いていても効果は薄いような気がします。ただし、その分野で特化して専門的で誰もかけていない記事を書くことが出来ればその限りではないかもしれません。

自分のブログの読めれているジャンルや記事から統計をとって傾向を知ることは強みになるのではないかと思いますので参考にしてみてください。