【プロテイン毎日】【2019年版最新】プロテインとサプリメントの海外通販と購入方法【品質・コスパで淘汰され生き残ったサバイバーその名もアイハーブ】

2019年3月


はいどうも、おはようございますジュピネムです。

世の中様々なサプリメントがあってそれを販売している会社や企業も山のようにあります。

今回はジュピネム個人がプロテインやサプリメントを購入している海外のサイトについて紹介したいと思います。

海外通販と言ってもそんなに難しいことは何もありません。今までトラブルなどもありませんでした。

まあ、ここは良いとか悪いとか、あそこはどうだとかこうだとか様々な意見があると思います。

そういうのは

それで良いしそれが普通だと思っています。

その上でで私が行き着いた答えが現在はここなので紹介したいと思います。

そして、これは私の判断基準からオススメのサプリメントを紹介した記事です、こちらも参考にしていただければどんなサプリメントを買えば良いのか参考になるかと思います。


アイハーブ

はい、それがアイハーブという海外通販の会社になります。ここがジュピネムオススメのサプリメント通販会社になります。

サプリメントだけでなく、プロテインや日用雑貨品、食料品、美用品、化粧品など幅広い商品を販売しております。

アイハーブサイト、アイハーブを選ぶ理由から引用

“iHerb(アイハーブ)は、1996年の設立以来、米カリフォルニア州、ケンタッキー州、イリノイ州、ペンシルベニア州の複数の配送センターを拠点として運営しています。 当社は、天然製品が持つ最高の総合価値を世界中のお客様にお届けするグローバルリーダーです。”

https://www.iherb.com/info/about

とのことですね、素晴らしい。

本社はアメリカのカリフォルニアにあるみたいですね。

他にも素晴らしいことが色々と書かれていましたね。

私自身も国産企業、海外企業のサプリメント会社を何個も渡り歩いてきて現在はここに行き着いています。

アイハーブの品質

アイハーブはほとんどが海外製サプリメントを取り扱っており、品質はそれら企業によって多少は異なるかと思います。

ですが、アイハーブ自体の品質管理能力は高いと感じています。

これまで私が使ってきた限りでは

味が変だとか、製品に変なものが混じっていたとか、包装が雑だったとかなどは一切無かった

からです。

海外通販の中でも品質は良いと思っています。

【注意】海外製品に限らず日本にも様々な商品があるので、競技をされる方は個別にアンチドーピングの製品かどうかは確認してください。ただし、海外製品が一律危ないと言っている訳ではないです。個人的には海外製品のほうがアンチドーピングに対し厳しいと感じています。

アイハーブ取り扱いのプロテインの成分一例

プロテインパウダー46グラムでタンパク質30グラムとれると。まあ、悪くはないですかね。

アイハーブのコストパフォーマンス

コスパ最高です。

プロテインで言えば最安値の国内産の7割ほどの価格ではないかなと思います。

さらに割引が多くあって今週のブランドというフラッシュセールも毎週あります。

また、紹介割引もあってこれも併用すればさらにお安くなります。

あ、さっき買ったプロテイン紹介コード入れるの忘れてたぜ。涙

とにかく安いです。

先ほど注文したプロテインがこちら。

Muscletech, Nitro Tech, 100% Whey Gold, Double Rich Chocolate, 8 lbs (3.63 kg   

です。

どどーんと、素晴らしい!

3.63キログラムのホエイプロテインです。

私が支払った金額は、割引などがあって6130円でした。

このプロテイン1000グラムあたりの金額は約1887円でした。

また、このプロテイン100グラムあたりのタンパク質含有量は約72グラムでした。

国内製品との比較

では、国内製品はどうなのでしょうか。

まあ、それぞれ比較してメリット・デメリットはあるかと思うので早速やっていきましょう!

国内製品の品質・原材料

国内製品も長い間使わせてもらいお世話になりました。

少ない小遣いから捻出して買っていましたね。

国内製品も私が使った限りではどれも

味が変だとか、製品に変なものが混じっていたとか、包装が雑だったとかなどは一切無かった

です。

国内製品は、

日本製だから安全・安心などとよく言われております。

多分、アンチドーピングだとか品質が良さそうなイメージをアピールしているのだと思います。

しかし、有名どころや国内でオススメされている商品を確認したところ

原材料ドイツ産、原産国アメリカ合衆国、オーストラリア、ニュージーランド

などなどの記載がある商品もありました。

そもそも、日本国内でプロテインパウダーの原料を作っている工場ってあるの?調べたけれどもわかりませんでした。

あったとしても、高水準【海外産に対抗できる品質・価格】で日本国内の需要全てをカバーできる大規模な施設やそれだけの工場の数は無いのではないかと思います。

だから原料は海外であると。

で、味的なものか何かは知りませんが、日本国内でそれを混ぜて日本製プロテインだとうったっているのかなと。

一部はあるかもしれません、全てクリーンな商品が。

ただ、どれだけ日本製、日本製とうたったところで原材料が海外製なら、何も変わらないんじゃないかなと思います。

昨日から少し攻めの姿勢を魅せるどうもジュピネムです。

国内製品のコストパフォーマンス

安いものでも1000グラム2000円台後半からと言うものがほとんどでしたね。

昔と比べれば参入メーカーも増えて選択が増えたと思いますし、コスパが良いメーカーもあります。

ですが、海外製品と比べると値段は高いですね。

品質云々で言っても、私は上記の例【原材料が外国産である】にもあるとおり

日本製だから特に安全だとか品質がいいだとかは思わない

ですね。

これはある日本メーカーのプロテインです。

タンパク質含有量が100グラムあたり71%なので、本日ジュピネムが購入したものと同じくらいのタンパク質含有量だといえるかと思います。

ですが、値段は1050グラムで5550円です。

私が買ったものより3倍以上高いと言えるかと思います。

これはこれで良い点もたくさんあるのかもしれませんし、製品を否定しているわけではございません。

国内産の商品は、スポーツ用品店やドラッグストアなどでも入手できるというのは強みかと思います。

ですが、ジュピネムは

それに3倍以上高い価値は見出せていないので海外製のものを使っています!

アイハーブでの購入方法

ネットで海外サプリメントと検索

ネットで海外サプリメントなどで検索します。

そしたら上位にアイハーブが出てきます。

プロテインを買ってみる

こんな感じで。プロテインを買ってみましょう。

うーん、安いですねぇ。

レビューや成分表なども確認できます。よしよし良いスペックだね。

気に入ったのでカートにぶち込みます。

レジに進みます。

はじめての方はアカウントを作成し、住所や名前などを入力してください。そこに商品が届きます。

好きな場所に商品を届けることも出来ます。

必要事項を入力していきます。

うーん、やっすう。なんやかんや割引などなって6130円になりましたね。

注文を確定させたら名前と電話番号、メアドを入力する画面になるので入力します。

今回はコンビニ決済でファミリーマートを選択しました。

そしたらメールが送られてくるのでコンビニに代金を支払いにいきましょう。

今回はコンビニ決済を選択しましたが、クレジット決済や代金引換なども出来ます。

代金を支払う

ファミリーマートに来ました。

店内にあるファミポートと呼ばれる端末を操作します。

各種番号入力を選択し、

お支払い受付番号を入力した後、先ほど入力した自分の携帯電話の番号を入力します。

で、内容を確認し合っていれば確認ボタンを押します。

レジにレシートを持って行き代金を支払います。

cof

その後アイハーブから商品の発送通知メールが送られてきます。

大抵、1週間以内には送られてきます。

アイハーブでは、40ドル以上の買い物で送料が無料になります。

2月27日に注文して3月4日に届きましたね。6日間で届きました、早い。

海外サプリメントを買う際の注意点

値段が15500円以上になると関税がかかってしまいます。

どうしてもそれ以上購入したい場合は小分けにして、商品が発送されてから再度注文することによって15500円の商品を数回に分けて注文する形になります。

これが唯一ともいえるデメリットかもしれませんね。ジュピネムも1回関税を取られたことがあります。

そのときは2万円くらい買ってしまい、2000円ほど関税がかかったはずです。汗

まとめ

いかがでしたか?

ジュピネムが海外から個人輸入という形でプロテインやサプリメントを買っている理由が少しでもわかっていただけたのなら幸いです。

品質が同じものを何倍も高い値段を出して買うのはもったいない!

その思いから今回の記事を書いてみました。

海外から個人輸入の形で通信販売と聞くとかなりハードルは高く感じるかもしれません。

ですが、日本の通販とまったく変わらないです。

関税がかかってしまった際、アイハーブパイセンに

いったい全体、どうなっているんですか?

と日本語メールで問い合わせたところ、丁寧に日本語で関税の説明の返信を受けたことがあります。

日本語にも対応されております。

みなさん、

知らないだけで損をするというのは本当にもったいない

ことだと思います。

ですから、こういう選択肢もあるよと言うことを知っていただいた上で、プロテインやサプリメントを選んでいただければ

良いのではないかと思います。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。

本当に良いものをお伝えしていきたい、その一心です、どうもジュピネムでした。