体重の変化と考え方について【私はこのやり方で今年1月1日から2月1日までの1ヶ月間で体重が83キロから80キロに減りました】この考え方で今後も無慈悲に体重をコントロールしていきます

2019年3月


先月は色々とありまして

1週間トレーニングせずに毎晩お酒を飲んで腹一杯食べる

と言うのを繰り返してしまいました、どうもジュピネムです。他にも飲み会とかあって楽しかったです!では早速。


体重が3キロほど落ちました

先月初めは体重が83キログラムくらいありました。

写真撮って無いのですが、本当にあったんです!それが昨日の午後7時ころかな。トレーニング終わり、夕食後でこのくらいの体重です。

cof

ドン!!

食べるものを気をつけただけで、ノンストレス、ノン頑張りですね。そして、朝の朝食前はこのくらいです。

cof

ドン!!

大体、80キログラムくらいまでは来ましたね。お酒を飲んでいた割には体重は順調です。ここからが本題です。体重を落とす考え方について語っていきたいと思います。

まあ、体重はあくまでも目安ですが重要な要素となります。というのも、体重を落とすのが目標ではないからです。

体重は目安

ボディメイクで大切なのは見た目です。いくら体重が軽くても筋肉がなく脂肪が多ければ良い見た目にはなりません。

ですが、自分の筋肉量、体脂肪量、体格などを考慮した上で体重が減ったということであれば、

脂肪が落ちてカッコイイ体に向かっている可能性がある

と考えることも出来るのです。

もちろん筋肉が落ちてしまっているのかもしれませんが。

お酒をたくさん飲んでたらその可能性も十分ありますよね。(反省)

【考え方】自分自身もカロリーの塊と考えてみる

前もバランスの項目で説明したことと重なるかもしれませんが。例えば、自分は大量のたんぱく質、糖質、脂質で構成されていると考えてみます。

体全体をカロリーの塊と考えると、正確なものはよくわかりませんが例えば、

10万キロカロリー

だとします。

そして、1日に2500キロカロリー摂取して、2500キロカロリー消費したとします。

式にすると、

100000+2500-2500=100000

となるので、自分自身の総カロリーに変化はありません。

ここで、自身の体組成の入れ替わりというか、自身を構成していたたんぱく質、糖質、脂質の割合は変化した可能性はありますが、この辺はとりあえず置いておきましょう。

自分自身の総カロリーに変化は無いわけですから、体の見た目にもそれほど変化は無いと思われます。

そして、これを例えば

1日辺り摂取カロリーを200キロカロリーアンダーにして、消費カロリーは2500キロカロリーでキープして1ヶ月経過した場合

を考えてみましょう。

これを式にすると、

100000+(2300-2500)×30=

100000-6000=94000

となるのです。

つまり、

自分の体から6000キロカロリー分の何か物質が消費された

と考える事が出来るのです。

仮にこれが全て体脂肪だとすると、体脂肪1キロ辺り7200キロカロリーと仮定した場合、

約800グラムくらいの体脂肪が落ちた

と考えることができるのです。

このような考え方から、あくまでも体重は目安にしかならないのですが、

【重要な目安】

とも言えるのです。

まとめ

体重は体の調子や水分量、代謝関係などによってとても変化しやすいものです。仮に、体重80キログラムの私が水を3リットルイッキ飲みすれば体重は83キログラムになります。

ですから、その時その時の体重に囚われるのではなく、カロリーの考え方と見た目を重視するするのがオススメです。

体重を落とすことが目的ではありません。ですが、体重を落としてこそ脂肪を落としたと言うことが言えるかと思います。逆もしかりです。体重を増やしてこそ筋肉が付いたということもいえてくるかと思います。

目的はあくまでもいいカラダです。