サプリメントを取る時に、何を根拠に選ぶのか

2019年2月


おはようございます、どうもジュピネムです。

サプリメントは何を根拠に選べば良いのかについてです。

食品、健康食品、医薬品など様々な呼び名の人間の体に取り入れるものがあります。

体に良いとか悪いとかは以前、主観によるところも大きいと説明した通りです。

では、健康に良いとか体に良いとか言われているサプリメントは

【サプリメントは全て体に良いものなのか?】

ということです。

もちろん、主観次第では良いとも悪いとも捉えることは出来るのですが。

また、食品全般にもテレビなどで

これは体に良い食べ物、これは体に悪い食べ物

と紹介されているかと思います。

しかし、

【その情報は本当に正しいのか?】

【いったい何を根拠にしているのか?】

と私は疑問に感じるのです。

じゃあ、何を根拠にそれらを判断すれば良いのかということですが、それが

【エビデンス】

なのです。

エビデンスと言うのは、医学的証明や医学的根拠と呼ばれるものです。

これは実際にその物質(栄養素やサプリメントなど)を人間に投与し、その物質を摂取する事で期待できる効果について比較した結果となるのです。

つまり、その物質を摂取すればある効果が期待できると、

【証明】されたものがエビデンス

なのです。

このエビデンス(医学的証明)が無いものに関しては、期待している効果があるかも知れないし無いかも知れないし、という事なのです。

実際に何らかの効果が期待できるのかもしれませんが、エビデンスが無いものに関しては確実な事までは言えないと言うのが実情なのです。

ただ、ここで重要なのはエビデンスが無いものを排除するということではありません。

エビデンスが無いものに関しては、

科学的に証明するのが難しく証明されてないものや、企業などが証明する事でメリットが発生しないものなど

があげられるかと思います。

また、個人差も関係してきます。

例えエビデンスがあっても、その人の体質などによっては効果が無かったり、上手く吸収出来ないなどということもあり得るのです。

ですから、このエビデンスが全てではありません。

あくまでも、サプリメントなど選ぶ時の根拠、理由となるものなのです。

ですが何の根拠もなく高価なサプリメントを買ったりするよりは、そのエビデンスをわかった上で買った方がより良いと思うのです。

もし、これからサプリメントなどを購入する予定のある方は、一度そのサプリメントのエビデンスを調べてから購入するのをおすすめします。